きじこの部屋

kijiheya.exblog.jp
ブログトップ

きじこのものがたり その10

真冬のある日。
前日降った雪もまだ溶けずに残り、枯れた草むらにはピシピシと霜柱が立っている。
そこにまあるい毛の固まりが。。。
よく見ると、きじこが幸せそうににっこり笑って玉状に身体を縮めて寝ている。
天に召される間際だったのかもしれない。

私は、泣いた。
おいおい泣いた。

そして野良猫きじこは、うち猫の小林きじこになった。
ペット禁止の私の居住するマンションの管理人さんには、
この猫1匹限りで今後一切飼いません、と誓約書を書かされたが、ともあれ許可された。


これできじことの出会いからうちに来るまでのものがたりは完結です。
これから時系列は乱れますが、ちょっとあんぽんたんなきじこの事を語っていきます。
どうぞ変わりなくよろしくお願いします。



a0189073_1846765.jpg




まさかの顔面そっくりさん。
鼻のラインもおんなじ。猫の鼻ってこんな鉛筆みたいな形でしたっけ。
普段は丸っこい顔なのに、シルエットまでそっくり大賞!!!
[PR]
by kijikonoheya | 2011-04-21 19:01