きじこの部屋

kijiheya.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ティッシュケース

a0189073_14283949.jpg

いつも私が旅行中、
泊りがけできじこの世話にきてくれる
Rが名づけたこの写真のタイトル。

小さいサイズですが、
背中からちゃんと1枚ずつ出ますからね。
優しく引っ張ってね。。。
[PR]
by kijikonoheya | 2011-05-31 14:33

ノラ猫がうち猫になる時

野外で自由に行動していたノラ猫がうち猫になる時は、今までと大きく環境が変わり、戸惑うことがたくさんあるだろう。
幸せなことに、ご飯や水がちゃんと確保され、雨や寒さもしのげ、怖い外敵である自動車や人間や犬からも守られる。
反面、自由に外を走り回ったり、猫の集会に出られなくなる。
猫にどちらを選ぶか訊いてみたいところだが、今の時代、ノラで生きるのは難しい世の中だろう。
きじこの場合は特に、アンとポンとタンが重なったような、生きるための智恵の甚だしく欠けた猫なので、うち猫になって良かったなあ、と毎日喜びを噛みしめている。
きじこがうちに来た初日、ソファの下にもぐり、なかなか出てこなかった。
緊張がほぐれないまま夜を迎えたが、深夜寝ている私のところへやってきて、丁寧にあちこち隈なく匂いの確認をした。
ノラ時代、起きて動いている人間しか見たことがなかったので、私が死んでいるとでも思ったのだろうか。
うちに来てたくさん感じたカルチャーショックのひとつは、人間も寝る、ということだったかもしれない。



a0189073_12172461.jpg


寝るより楽しいことは、ありませんな。
[PR]
by kijikonoheya | 2011-05-17 12:19

はみ出ていた

きじこは出会った幼い頃から、ちょびっと2本のキバがはみ出ていた。
八重歯がかわいい女の子、という感じだった。
しかし、うちに来てからもキバはどんどん伸び続けて2本とも相当はみ出てしまった。
きじこ改めきばこちゃんなどと呼ばれるようにもなった。
どこまで伸びるのだろう、と心配になったが、本人的には食事するにも差し支えもないようで、まるで気にしている様子はなかった。
ところがある日ふと顔を見たら、片キバになっていてビックリ!
あわてて部屋を見回すと、床に抜け落ちたきばを発見。
きじこは何事もなかったように平静だった。
その後もう1本も伸びに伸びて、抜け落ちてしまった。
写真は片キバの頃。

a0189073_1783330.jpg


うーむ、海の生き物みたいでしょう?
貝とか食べていそう。
[PR]
by kijikonoheya | 2011-05-10 17:11

視力検査

a0189073_21251933.jpg



下。
左。
・・・わかりません。
[PR]
by kijikonoheya | 2011-05-02 21:26

きじこのひみつ


by kijikonoheya